​医療法人社団春香会の取り組み

当会の理事長は国立沼田病院において、過疎地域での独居や高齢者のみの方々への訪問診察を行いました。また、群馬県立がんセンター・佐野厚生病院・桐生厚生病院等での診療を行ない、その経験から、高齢者のリハビリ施設の必要性を感じ、1998年に老人保健法のもと、老人保健施設を開設いたしました。

現在では診療所2カ所、グループホーム2カ所、ヘルパーステーション、通所リハビリテーション、介護保険施設1カ所、介護老人保健施設、居宅介護支援事業所を運営し、保育園や中学校の学校医、特別養護老人ホームの嘱託医を勤めつつ訪問診療も継続し、地域医療に貢献出来るように日々心掛けています。

 

医師3名を核とし、理学療法士、管理栄養士、看護師、介護福祉士、歯科衛生士、支援相談員、介護士、介護支援専門員、等の有資格者が連携して、支援が必要な高齢者のリハビリテーション指導や、日常生活の援助を行うことで、自立支援を目指した総合的ケアを目標としています。

 

理事長の設立理念を基本に、その方に応じたリハビリテーション、栄養管理、日常生活支援等のケア、有意義な日常を送れるよう患者様や高齢者の方々を支えて行きたいと考えています。

医療法人社団 春香会  施設長 水間春夫

 

介護老人保健施設とは、ご自分だけでは生活が困難な状態でも、その人らしく過ごせるよう支援することを目的としています。

「退院予定になったけれども自宅での生活はまだ不安がある」

「自宅で暮らしているが徐々に体力が落ちてきて外出もままならない」

「毎日の介護が続いていて家族の負担が大きい」

このような様々な状況に応じて、その人らしく、安心して日々を過ごせるためのケアを行います。

医師、看護師、リハビリ専門職、介護士、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士、介護支援専門員(ケアマネージャー)、支援相談員など様々な職種が協働してその人を適切に支援できるための医療・介護・リハビリを行います。

 

なお、老健の役割と取り組みに関して下記サイトをご参照ください。

全国老人保健施設協会  http://www.roken.or.jp/about_roken

群馬県老人保健施設協会 https://www.gunma-roken.jp/

100145536.jpg